アップル、MacBook Proの表示不具合で無償修理

アップルが一部のMacBook Pro を無償修理すると発表しました。対象は2011年に製造された15インチおよび17インチMacBook Pro と、2012年中期から2013年初期に製造された15インチMacBook Pro Retina ディスプレイモデル。

無償修理の理由は、対象のMBP の一部において突然の再起動や画面表示が歪むなどの症状が発生することがあるため。 

引用元
http://japanese.engadget.com/2015/02/20/macbook-pro-2011/
------------------------------------------------------------------------

不具合の内容は、画面が乱れたり再起動を繰り返したりする内容らしいですが、

そういえば、マックブックを使っている友人がそんなことを言っていたような気がします。

「おとなしくWindowsのノートパソコンにしとけば良かった!」


とか言ってたっけ。


あんまりパソコンに詳しくない人に限って、おしゃれ目的でmacbookとか買って、

あげく使い方がwindowsと全然違う!とか言って悩んでるのを何度も見てきました。


自分は決してwindows信者とかではありませんが、別に無理してmacbook持たないほうが良いじゃん、と思うのでずっとwindowsPCを使っています。

最初に使ったパソコンがmacだったら、ずっとアップルのPCを使っていたかも・・・いや、それは無いか。

みんながmacになって、macじゃないと不都合を感じるくらいになれば、自分もようやくそうするかな、という程度です。

ちょうど、LINEアプリを使い始めたときもそんな感じでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿

このエントリーをはてなブックマークに追加